世田谷区町会総連合会ホームページ
運用基準

世田谷区町会総連合会について

町会・自治会は、居住している土地場所を契機としたつながり合い、地縁に基づく団体です。世田谷区では、町会・自治会の連合会(世田谷区町会総連合会)が結成されており、平成29年4月現在、197団体が加盟しています。
→もっと詳しく

世田谷区町会総連合会

【所在地】
〒154-0023
東京都世田谷区若林4-31-9
ポライト第2ビル202
【電話・FAX】
03-5481-3456

世田谷区ホームページへ

町会リスト

奥沢中和会

区域 ::: 奥沢4、奥沢5丁目全域

奥沢中和会への加入申込みはこちらから

役員会報告の閲覧は、 こちらから

町内会だよりの閲覧は、こちらから

◎奥沢中和会のあらまし

 私達の街奥沢(4丁目・5丁目)の町域は東急目黒線奥沢駅前を南北に通る自由通りを東端とし、北は九品仏川緑道を境に目黒区自由が丘、南は環八通り・世田谷区東玉川・玉川田園調布・大田区田園調布等に接しながら、西は東急東横線・学園通りに接するところまで広がり、町内には、奥沢神社・八幡小学校等がある。
 歴史的には貞和年間(1345~1349年)吉良氏の所領となり、奥沢城が築かれた時代から始まる。江戸時代には荏原郡奥沢村となり、城跡地には九品仏浄真寺が創建された。その後1876年(明治9年)奥沢村となった。大正期から土地区画整理事業として宅地開発が進められ、住みよい便利な住宅地として発展し、奥沢中和会は1932年(昭和7年)世田谷区成立時に創設され、区内でも最も古い歴史を持つ町会の一つです。

 

◎会長挨拶

会長 上條 保夫

 奥沢中和会は安心・安全、きれいで快適な、ふれあいと助け合いのあるまちづくりを目指します。世田谷区の中でも際立って高齢化率が高く、これから孤独死や振り込め詐欺等の犯罪多発が心配な地域です。それを予防するのは、昔の「向こう三軒両隣」に言われる常日頃の絆です。町会はその絆の集合体が理想です。私を含めた新役員18人はまだまだ到りませんが、会員同士の絆を深めるべく日夜奮闘してます。どうか多くの皆様に町会にご興味を持って頂き、活動に是非ご参加頂きたいと思います。お世話になっている周りの町会、商店会、関係団体、行政団体の方々今後ともご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

 

◎主な活動

〇安心・安全なまちづくり

 ・区が行っている「家具転倒防止器具取付支援」の周知広報

 ・高齢者サロンで警察防犯課主催振り込め詐欺防止講座を企画し開催

 ・秋の交通安全参加

 ・九品仏地区避難所訓練参加

〇きれいで快適なまちづくり

  ・ゴミゼロデ-の企画で、有志に清掃具配布各自家の周りを清掃。

  ・中和会館の花壇で栽培したハーブ等を会員に配布。

  ・資源回収活動徹底で集積所を判りやすくする為回収所標識を取付中。

ふれあいの写真

〇ふれあいのあるまちづくり

  ・会館に親しみを持ってもらう為に

オープンカフェや手仕事の会の開催

  ・誰でも気軽に利用出来る新会館を現在設計中

  ・高齢者サロン「なでしこの会」1回/月、

子供サロン「親子で型押し染め体験」開催

  ・バザー企画開催。

  ・親子で花火を楽しむ会運営参加

  ・新春餅つき大会に出店

〇助け合いのまちづくり

  ・ブロック内の絆を深める為ブロック会の開催。

  ・新たに誕生した赤ちゃんをお祝いする「赤ちゃんお祝い金制度」

〇情報共有のまちづくり

  ・毎月の役員会や会館建設委員会の公開又活動状況の回覧による報告。

  ・三和会、社会福祉協議会、防犯、安全、防災協会、民生委員内申協議会、

身近なまちづくり推進協議会、九品仏地区街づくり会等への

積極的な役員・町会員の参加。

  ・正確なブロック単位の会員名簿作成。

 

◎主な年間行事

4月 春の交通安全運動、回覧当番会

5月 ゴミゼロデー、日赤募金活動

6月 通常総会

7月 親子で花火を楽しむ会

8月 ラジオ体操会

9月 奥沢神社大祭、秋の交通安全運動、避難所運営訓練

10月 赤い羽根募金

12月 歳末助け合い募金、歳末防犯パトロール

1月  三和会新年会、新春餅つき大会

 

◎組織図

奥沢中和会組織図

○町内会だより

○役員会報告